クロノスの天鳳日記 - 精神と時の間 -

時を司る神クロノスが、現実世界の時間を止めて天鳳で戯れる。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鳴き読み

http://tenhou.net/0/?log=2012011721gm-00a9-0000-590b0343&tw=1


手牌読み1-1

ラス目からリーチ。
刺してもいいけど、満貫/跳満振ると、オーラス親の満貫横移動/満ツモが耐えられないので、
極力なら、刺しに行きたくはない。(刺す人もいるのだろうけど)








手牌読み1-2

下家の親が赤54sと落として明らかに降りているところから、6sをポンしてきた。
わざわざ安牌の6sをポンして4cmにしてきたのだから、
下家は發を持ってる可能性が高いと読んだ。
それと同時に、上家の發暗刻率が極めて低く、發対子率もかなり下がったため、
赤も2枚見えてるし、打点は大して高くないだろう。
もちろん、裏などもあるので満貫くらいの可能性はあるけど。








手牌読み1-3

下家の和了率は大して高くないけど、發で上がられると面倒だと判断して、
6sポンした同巡に下家の安牌で刺しに行った。

…下家の手が中バック2900と完全に読み外れたけど(笑)
3s中で降りれるとふんで、とりあえず鳴いたって感じか。
スポンサーサイト

| 戦術(仮) | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chronustenhou.blog27.fc2.com/tb.php/39-0063893e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。